有限会社ペイントシステム

● 施工エリア

 





HOME»  塗替え時期チェック表

塗替え時期チェック表

ハガレ・変色・ヒビ割れ・コケ・藻・サビ 住まいのイエローカードにお気づきですか!

 

塗替え時期チェック表

 

例えば、外壁の劣化の始まりは外壁の表面をなでると手に白い粉がつきます。 これは紫外線や雨風の影響で塗料に含まれている樹脂が劣化して粉状になっているのです。 また、外壁・目地のひび割れも劣化の危険信号。 軒天井・室内の天井にシミがついていたら外壁や屋根・バルコニーからの雨漏りを疑ったほうがよいと思われます。 こういったお住まいの劣化は遠目にはわかりにくいものです。 お住まいのメンテナンスは必ず定期的に、じっくりチェックされることをお勧めします。
左のチェックリストを参考にしてください。

 

右の無料見積りフォームへお問い合わせください。

 

メールはこちら

 

外壁 劣化現象例

 チョーキング


外壁を手でなでると白い粉がつく、チョーキングと呼ばれる現象。
防水効果の低下・塗装仕上材の劣化のサイン。
この時期には外壁塗替えをお勧めします。

 

チョーキング

 

 ヒビ割れ・目地割れ


様々な要因で起こる外壁のヒビ割れ。
ヒビの深度及び巾の広さにより適切な下地処理・調整を施すことで目立たなくなります。
目地割れは経年による劣化現象。
この部分は外壁を塗り替える前にコーキング処理を行います。

 

ヒビ割れ・目地割れ

 

 コケ・藻の発生


外壁北面や湿気がこもり易い箇所に発生。
美観を損なうだけでなく衛生面にも影響が。
塗り替え時、防カビ防藻性が高い塗料を用いることで発生しにくくなります。

 

コケ・藻の発生

 

 塗膜剥がれ


経年により起こる劣化現象。
塗膜が剥がれる為、防水能力低下及び美観の問題も。
高圧洗浄、工具による既存塗膜のハクリ等の適切な下地処理後、塗装を行うことで目立たなくなります。

 

塗膜剥がれ

 

 板壁色あせ


木材は呼吸する生き物。
色あせは伸縮により木部と塗膜に隙間が生じ密着性の低下及び日焼け等により起こる現象。
高圧洗浄後、木部専用塗料を吸い込ませるように重ね塗りを行うことで再生します。

 

板壁色あせ

 

外壁 劣化現象例

※個人で屋根上に上がることは非常に危険な為、専門業者の診断を推奨します。

 

 コロニアル瓦色あせ・板金サビ


経年による劣化現象。
高圧洗浄後、コロニアル瓦には下地処理・調整後、塗装。
金属部分は下地処理の際、サビ落とし(ケレン作業)サビ止め 塗装後、上塗りを行う。

 

コロニアル瓦色あせ・板金サビ

 

 セメント瓦色あせ・コケ


経年による劣化現象。
塗膜がはがれて瓦が水分を吸収し苔や藻が多数発生している場合は早急な塗替えが必要。
高圧洗浄後、下地処理・調整及び上塗りを施すことで 防水効果及び美観も再生します。

 

セメント瓦色あせ・コケ

 

 トタン屋根サビ


経年による劣化現象。
下地処理の段階で専用工具を使いサビ落とし(ケレン作業)に重点をおくことがポイント。
その後、サビ止め塗装、上塗りを行う。

 

トタン屋根サビ

 

 折板サビ


経年による劣化現象。
大きな建物に適した折板(セッパン)サビをそのままにしておくと取付に使用されているボルトがなくなる原因に。
専用工具でサビ落とし(ケレン作業)に重点をおくことがポイント。
その後、サビ止め塗装、上塗りを行う。

 

トタン屋根サビ

 

木部・鉄部・防水塗装箇所 劣化現象例

 玄関木部色あせ


幸せの入口と言われる玄関。
その木部箇所の色あせは早急に塗り替えたい箇所。
高圧洗浄後、木部専用塗料を吸い込ませるように重ね塗り。
(必要に応じ、工程内に木部専用染み抜き剤等を使用)

 

玄関木部色あせ

 

 鉄製手すりサビ


経年による劣化現象。
専用工具を使いサビ落とし(ケレン作業)に重点をおくことがポイント。
その後、サビ止め塗装、上塗りを行う。

 

鉄製手すりサビ

 

 バルコニー防水塗装劣化


塗膜の浮きや表面のヒビ割れ、亀裂等は防水能力の低下サイン。
高圧洗浄、下地処理・調整後、防水材塗布及び上塗りを行うことで再生します。

 

バルコニー防水塗装劣化

 

 ウッドデッキ色あせ


木材は呼吸する生き物。
伸縮により木部と塗料との密着性の低下や日焼け等により色あせ等が生じる。
高圧洗浄後、木部専用塗料を吸い込ませるように重ね塗りを行うことで防水効果及び美観も再生します。

 

ウッドデッキ色あせ

 

ちょっとした小さな塗装も承ります。