有限会社ペイントシステム

● 施工エリア

 





HOME»  光触媒

光触媒

ペイントシステムはハイドロテクトコート施工会制度のもとハイドロテクトコートの品質の向上を図り、
お客様に快適環境のご提供をお約束します。


光触媒について

 

施工認定証

 

光触媒のより詳しい内容は下記ホームページにてご確認していただく事を推奨します。

TOTOオキツモコーティングス株式会社 http://www.hydrotect.jp/

 

施工例 H邸

 

光の力で、家も空気もキレイになる。

新緑の頃のような美しい外壁を保つのは、諦めなければならないことなのでしょうか。
TOTOの光触媒技術を応用した「ハイドロテクトコート」なら、
建物の外壁に塗るだけで、自然の力でキレイになるセルフクリーニング効果を発揮します。
さらに「ハイドロテクトコート」を塗った外壁は空気中の汚染物質(NOx等)も分解するので、
建物のまわりの空気までキレイに。
いつまでも美しく、より快適な生活空間のために・・・
TOTOからのご提案です。

 

光の力で、家も空気もキレイになる。

 

ハイドロテクト

 

手間をかけずに、経済的に、家をキレイに保ちたい。そんな想いにお応えするのが、TOTOの光触媒技術・「ハイドロテクト」。防汚・抗菌・防臭・防曇、いまその機能が広く脚光を集める光触媒。totoは「光触媒」をはじめてタイルに応用。その画期的なテクノロジーから産まれた外装・内装用コ-ティング材が「ハイドロテクトコート」です。

 

住宅における塗装可能部位

 

光触媒とは、植物が行う「光合成」に良く似ています。

「光合成」が葉緑素を触媒として水・二酸化炭素から酸素をつくりだすように、 「ハイドロテクト」に使われている光触媒(酸化チタン)に光(紫外線)があたることで「分解力」と「親水性」を発生させます。
これにより、「セルフクリーニング効果(防汚効果)」と「空気浄化効果」などが発揮されます。

 

分解力とは、活性酸素が汚れを分解し、付着力を弱めます。

光触媒である酸化チタンに光(紫外線)があたると 酸化チタン表面に分解力(酸化還元)をもつ活性酸素が発生し、
さまざまな有機物を分解します。
カビや細菌の繁殖や、汚れのこびりつきを抑制するとともに、
大気汚染の原因となる窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)を分解し、空気をキレイにします。

 

親水性とは、水がなじむことで、汚れを落としやすくします。

水をはじく「撥水性」に対し、水のなじみがよくなることを「親水性」と言います。
水が汚れの下に入り込み、浮き上がらせることによって、汚れが流れ落ちます。

 

koukabi・boumo
抗カビ・防藻 カビや藻を、よせつけない。

 

活空間のいたる所に存在するカビや藻。
外壁塗装面の有機成分などを栄養源にして繁殖し、建物の美観を損なうだけでなく、劣化をもたらします。
ハイドロテクトの分解力は、カビや藻の繁殖を抑制する効果があります。

 

ハイドロテクトの分解力がカビや藻の発生を抑制

触媒作用によって生成された2種類の活性酸素は
カビや藻の付着細胞をも分解します。

抗カビ性評価

<試験条件>
カビ抵抗性試験: 建築仕上塗材 JIS A6909条件に準拠
評価カビ種:    アスベルギルスニガー(黒コウジカビ)
試験環境:     暗所下

 

ハイドロテクトカラーコートECO-EX
(12年後経過相当後)

 

一般抗カビ塗料
(3年後経過相当後)

 

ハイドロテクトカラーコートECO-EX

 

一般抗カビ塗料

 

防藻性評価

<試験条件>
防藻性試験: 社内9試験方法
評価藻種:   クロレラ
試験環境:   明所下12時間→暗所下12時間(繰り返し28サイクル)

 

ハイドロテクトカラーコートECO-EX
(12年後経過相当後)

 

一般防藻塗料
(3年後経過相当後)

 

ハイドロテクトカラーコートECO-EX

 

一般防藻塗料

 

ちょっとした小さな塗装も承ります。